姉が居住しているアパートから生まれ

姉が居住しているアパートから生まれ育った我が家にまた住むことになりました。

それを手伝うため、私と母が、引越の前日に荷物を整理する手伝いに行きました。

10年住んでいた部屋にふさわしく、不用品の数がめっそうもない事になっていました。実家に持っていかないものを売ってしまうと、軽トラの荷台の約半分になり、さほど苦労せず引越ができました。

引っ越し業者を使わずに、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合はできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して荷造りをしたり、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。引越しにあまりお金はかけたくないという人の頼りになる業者が赤帽でしょう。特に単身での引っ越しといった小規模な引っ越しにおいては他業者よりも強いです。

時間制による料金設定のため、荷物運びを手伝うことで作業の時間を短くすることが可能です。

赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、一般的な引っ越しの荷物の量であれば、何の問題も無いでしょう。

友達の紹介で、引越しのサカイに見積もりを頼みました。

非常に感じの良い営業スタッフがやって来て、ちゃんと相談に応じてくれたのです。

思っていた以上に安い見積もりだったので、その日中に即決しました。

引越し自体もものすごく丁寧な作業で、たいへん満足でした。

引越し先で近所の家へ挨拶まわりに行くのなら、転居したらすぐに行くことが適切だと思います。

荷物を運び入れるときの騒音などで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、礼儀正しく挨拶をしておきましょう。引越しを行う前に、一言挨拶をしておくとトラブルを防げるかもしれません。

どうなったとしても、できるだけ早いうちに挨拶に行った方が、近所付き合いがうまくいきます。

転居で必要なものは荷物を入れる箱です。細かいものもきちんと整理して段ボールに入れれば、引越しの作業時間も減少し、引越し業者も助かります。

段ボールは引越し屋が無料でくれることも大多数ですので、見積もりの時に確かめておくとよいでしょう。この間の引っ越しでは、自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。

ものの移動だけ終わらせて、住民票の移動も済ませました。何かと見落としていたこともあったけれど、何人もの方が協力してくださり、嬉しい誤算でした。

挨拶まわりもしてきました。荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。

引っ越すのは来月なのですが、ピアノを転居のときに持っていくのか持っていかないで処分してしまうかを考えています。誰もピアノを弾くことはなく、ずっと置いておくだけでしょう。
ただ、手放すのも費用はかなりかかることでしょうし、悩んでいるうちに時間が経ってしまいます。

もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、探すのもけっこう大変です。引越し先でも今までと変わらず同じ母子手帳が使用可能です。

転出時に手続きは不要ですが、妊婦健診に使う補助券などは各自治体によって違うので、転入先の役所で質問しましょう。

産後の際は、引越しの期日によって乳幼児健診の都合が合わない場合があるので、受け漏れがないように注意してください。

この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、えっと思うようなことがありました。荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に専用の保険があると言うのです。

わが家には40型の液晶テレビがありましたが、購入時に30万円以上したものは、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。
安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのかまだ引っかかっています。

引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、特に食器を梱包するのは大変でしょう。
引越しする時期には値段が関係する

Published by